05:18 2018年08月19日
ウラジオストク

海自護衛艦、訓練のためウラジオ寄港へ

© Sputnik / Vitaliy Ankov
日本
短縮 URL
0 92

日本の海上自衛隊の護衛艦が、ロシア海軍との捜索・救難共同訓練「サレクス2017」に参加するため、20日にウラジオストクに寄港すると、ロシア軍・東部軍管区報道局のヴォスクレセンスキー部長(太平洋艦隊担当)が記者団に明らかにした。

スプートニク日本

ヴォスクレセンスキー氏は、「日本の海上自衛隊の護衛艦『はまぎり』が、非公式訪問のためウラジオストクに寄港する」と発表した。

寄港中、共同訓練の各段階について最終合意するための会議や、両国の水兵らによるサッカーとバレーボールの親善試合が予定されている。日本の海上自衛官らのために文化プログラムも用意されている。

露日共同訓練「サレクス2017」は、ウラジオストクが位置するピョートル大帝湾海域で25日に実施される。先月14~18日には、日本の海上自衛隊の護衛艦「はるさめ」と練習艦「かしま」がウラジオストクを訪問している。

関連ニュース

日本の海自護衛艦がウラジオストク入港 歓待を受ける!【写真】

日本の海上自衛隊艦艇のウラジオストク訪問はどのようなものだったのか?【写真・動画】

タグ
軍事, 露日関係, ウラジオストク
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント