05:30 2018年07月21日
「呂500」

ナチスドイツが日本に譲渡した潜水艦が若狭湾で見つかる【写真】

© 写真: Public domain
日本
短縮 URL
263

京都府沖の若狭湾で、第二次世界大戦中にナチスドイツが日本に譲渡した潜水艦が見つかった。

スプートニク日本

NHKによると、九州工業大学などの調査チームなどが無人潜水機などを使って若狭湾の海底を調べた。結果、水深およそ90メートルの海底で、旧日本海軍の潜水艦3隻を発見し、撮影した。

うち1隻は、両国の技術協力の一環として日本に譲渡され「呂500」と名付けられた1941年にハンブルクで建造された「U-511」。その他、日本製の「呂68」と「伊121」の2隻の潜水艦が見つかったという。

​関連ニュース

ヒトラーがそれに乗って南米へ逃亡したとされる潜水艦がデンマーク沖の海底で見つかる

ヒトラーの右腕の娘、戦後にドイツ情報機関が採用【写真】

タグ
研究, 歴史, 第二次世界大戦, 武器・兵器, 日本, ドイツ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント