15:52 2018年11月21日
忍者(アーカイブ写真)

「高給で忍者募集」報道、偽ニュースと判明

CC0
日本
短縮 URL
0 71

三重県伊賀市が忍者を募集しているとされた報道が「フェイクニュース」だったことが判明した。朝日新聞が報じた。

スプートニク日本

同紙によると、伊賀市が24日、5カ国語対応の公式サイトに「忍者の募集はしていません」と情報を否定する文書を掲載した。「年収945万円なのに忍者不足」とされた報道の発端は、岡本市長が5日に市役所で受けた米公共ラジオNPRの取材。忍者を活用したまちの活性化策などを述べ、16日に米国で放送された。ところが、市職員が番組内容を翻訳すると、「忍者パフォーマーは2万3千ドル(約255万円)から8万5千ドル(約945万円)ほど稼げる」「忍者は不足している」などの内容が出演者の間で話し合われていた。

放送内容はSNSで拡散。市や伊賀上野観光協会には問い合わせが多数寄せられた。この内容については日本や海外の非常に多くのメディアも報道し、スプートニクも伝えていた

タグ
観光, エンタメ, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント