15:08 2018年09月19日
野口聡一宇宙飛行士

「宇宙ステーションで最も大事な設備のひとつ、宇宙トイレ!」=野口聡一宇宙飛行士

© AFP 2018 / Mikhail Metzel
日本
短縮 URL
0 20

3度目の宇宙飛行を予定している日本の野口聡一宇宙飛行士は、トレイは宇宙ステーションで最も大事な設備のひとつであり、トイレの使い方は最も重要なスキルのひとつだと考えている。

スプートニク日本

野口宇宙飛行士はツイッターに、宇宙ステーションの生活で最も重要なスキルのひとつはトイレの使い方であり、宇宙ステーションで最も大事な設備のひとつは宇宙トイレだと投稿し、宇宙トイレと一緒に写っている写真を公開した。

野口宇宙飛行士はこれまでに2度宇宙飛行を行っている。

2005年には米国のディスカバリー号によるミッションに参加し、2009年にはロシアのソユーズ宇宙船に搭乗し、国際宇宙ステーション(ISS)に約5か月半滞在した。3度目となる宇宙飛行には2019年終わりごろに出発する予定。

なお野口宇宙飛行士は2009年、2度目の宇宙飛行を前に「ロシアの声」(スプートニクの前身)のインタビューに応じてくださった。

関連ニュース

宇宙飛行士・金井宣茂さん、モスクワでISS滞在ミッション報告会:宇宙に興味津々の子どもたち

宇宙で露日友好 露日宇宙飛行士がISSから学生と交流

タグ
テクノ, 宇宙飛行士, 宇宙, ISS, ロシア, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント