10:14 2018年09月21日
上月豊久駐ロシア日本大使

米MDの日本配備は、ロシアを脅かすものではない=上月豊久大使

© Sputnik / Vladimir Trefilov
日本
短縮 URL
1412

安倍首相が日本代表団を率いる東方経済フォーラムを前に、日本の上月豊久駐ロシア大使がリア・ノーヴォスチ通信のインタビューにロシア語で応じた。上月大使はインタビューで、イージス弾道ミサイル防衛システムの日本配備について触れた。

スプートニク日本

上月大使は、同システムの日本配備計画について、日本のミサイル防衛システム(MD)は純粋に防衛的なものであり、日本の市民の生命や財産を守るためのものだとコメントし、日本は同システムを独自に管理しており、これはロシアを含む隣国にとって脅威ではないと述べた。

弾道ミサイル防衛用の陸上配備型「イージス・アショア(Aegis Ashore)(アーカイブ写真)
© 写真 : U.S. Army Corps of Engineers Europe District
また大使は、日露間には閣僚級協議「2+2」や安保協議を含むいくつかの対話形式が存在しており、そこでは日本側の立場が説明されたと指摘した。

さらに大使は、隣国である日本とロシアの相互理解を深めるためには、安全保障分野の対話を発展させることが重要だとの考えを表し、日本は、両国の政策の相互の透明性確保や信頼醸成を重視していると指摘した。

ロシアは、ミサイル防衛システム「イージス・アショア」の日本配備計画への懸念を繰り返し表明した。ロシアのガルージン駐日大使は同システムの日本配備について、平和条約問題の解決を近づけるものではないと述べた。

関連ニュース

ロシアが日本の陸上イージス配備を好まない理由

小野寺防衛相 イージス・アショア配備先 秋田、山口県案を見直す可能性を示唆

タグ
自衛隊, 武器・兵器, 露日関係, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント