13:46 2018年11月18日
下村脩

ノーベル化学賞、下村脩さん90歳死去

© AFP 2018 / Frederik Persson/Scanpix Sweden
日本
短縮 URL
0 01

紫外線が当たると緑色に光る「緑色蛍光たんぱく質」(GFP)を発見した功績でノーベル化学賞を受賞した下村脩さんが長崎市内で亡くなった。90歳。NHKが報じた。

スプートニク日本

京都府に生まれ、現在の長崎大学薬学部を卒業。プリンストン大学や米ウッズホール海洋生物学研究所の上席研究員を務め、2001年にはボストン大学の名誉教授になった。

​下村さんは、紫外線を当てると緑色に光るGFPをオワンクラゲから発見し、分離・精製にも成功した。

生きたまま細胞を観察するマーカーとして活用され、iPS細胞の研究にも欠かせない発見だ。

関連ニュース

「神の粒子」名付けたノーベル物理学受賞者、レオン・レーダーマン氏が死去

ノーベル賞の本庶教授 若手研究者育成のため賞金寄付へ

タグ
科学, ノーベル賞, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント