05:11 2021年05月13日
日本
短縮 URL
0 13
でフォローする

日本の成田空港の施設内には今、段ボール製の仮設ベッドがずらりと並んでいる。公共交通機関を利用しなければ自宅に戻れない海外帰国者は、新型コロナウイルスの検査結果を待つ間、日本政府が手配したホテルか、このベッドで過ごすことになるという。シンガポールのチャンネルニュースアジアが報じた。

段ボールベッドが並んでいるのは、受託荷物受け取りのターンテーブル。帰国者の中にはここでPCR検査結果を待つ人も。検査にかかる時間は6時間だが、検体数の増加により、結果が判明するのは1〜2日後。

​成田空港では現在、半分以上のレストランやショップが臨時休業に入っており、一部トイレの閉鎖、手荷物カートの利用が中止されている。またNHKによると、同空港は12日、航空機の欠航や減便などで運用に影響が出ているとして、滑走路2本のうちのB滑走路を閉鎖した。


クルーズ船を除いた日本の新型コロナウイルスの感染者数は、7400人以上。死者数は137人。

関連記事


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス, 日本, 羽田空港
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント