05:22 2020年10月26日
日本
短縮 URL
0 32
でフォローする

河野防衛相は19日、新型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備計画の停止を受け、配備候補地の1つだった山口県を訪れ、村岡知事と会談した。NHKが報じた。

NHKによると、河野防衛相は停止の理由について「安心安全に関わる極めて重要な前提条件が、合理的な範囲内で確保できないことが判明した」と説明し、「深くおわびする」と陳謝した。

村岡知事はこれに対して、危険性を除去できなければ配備を受け入れることはできないとの考えを表した。

関連記事

タグ
日米関係, 米国, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント