13:22 2020年11月24日
日本
短縮 URL
0 50
でフォローする

ロシアの航空会社アエロフロートの東京とモスクワを結ぶ定期便が3月末以来、約7か月ぶりに再開し、第1便の東京発モスクワ行きが遅滞なく離陸した。羽田空港の国際線ターミナルがロシアのマスコミに伝えた。

空港職員は「エアロフロートのモスクワ行きSU261便は、時間どおり、正確には指定された時間より2分早く離陸した」と伝えた。

現在、東京-モスクワ線はアエロフロートが週2便、日本のJALが週1便運航している。またロシアの航空会社オーロラは、東京―ウラジオストク線の運航を週1便で再開した。ロシアの航空会社S7 Airlinesも11月中旬から同線の運航を再開する。

なお、中国当局は、新型コロナウイルスの影響でアエロフロート航空のモスクワ―上海線の運行をさらに1ヶ月禁止した。

関連ニュース

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント