13:02 2020年11月24日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 23
でフォローする

米当局は、Apple製品を含む電子機器を米国からロシアに密輸したとして8人を逮捕、2人を指名手配した。ニューヨーク州東部地区の検察局は、ロシアの航空会社「アエロフロート」の職員及び元職員が密輸に関わっていたと発表した。

なお、逮捕及び指名手配された計10人の名前は公表されていない

検察局によると、犯罪計画の参加者らは米国で電子機器を購入し、それに対して運び屋から現金を受け取っていた。その後、運び屋が輸出許可を得ずに飛行機で電子機器をロシアに運搬していた。その運び屋の中にアエロフロートの職員及び元職員がいたという。

この犯罪計画は少なくとも2019年から実行されていた。

計画の参加者らは、5000万ドル超相当の電子機器を米国からロシアに運ぶことに成功した。密輸品にはiPhone、iPad、Appleスマートウォッチが含まれていた。

調査の結果、米国務省は、犯罪計画に参加したとしてアエロフロートの職員に発給された113枚のビザを無効にした。

在ニューヨーク・ロシア総領事館は、ロシア人がこの犯罪計画に関与しているとの情報を調査している。

関連ニュース

ロシアの情報機関が東京五輪関係者へサイバー攻撃=英政府

タグ
米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント