19:53 2021年04月11日
日本
短縮 URL
2020年東京オリンピック・パラリンピック (258)
0 21
でフォローする

東京五輪・パラリンピック大会組織委員会は22日、東京都内で開いた理事会で、会場での禁止行為に「選手への性的ハラスメント目的の疑いがある写真や映像の記録・作成」を新たに追加したことを報告した。日本のメディアが報じた。

また、組織委員会は遵守行為に「主催者からカメラ等による撮影画像の確認行為を求められた際にはこれに応じること」との項目も新たに追加した。禁止行為・遵守行為ともに違反した場合、入場拒否又は退場措置をとる場合があるという。

22日の理事会後の記者会見で、シドニー五輪のマラソン金メダリストの高橋尚子さんは「変化のきっかけとなる大会になるよう、土台作りをしていく」と語った

また、組織委員会が立ち上げた「ジェンダー平等推進チーム」のスポーツディレクターを務める小谷実可子さんは、禁止行為の追加について「現役の時、ハラスメントに不安を持ったこともあった。はっきり禁止行為として記すことは非常に大きな一歩」と述べた

日本では、選手への写真や動画による性的ハラスメントをめぐり、競技中に性的な意図で撮影された写真がSNSに投稿されたとして、以前から多くの選手らが被害を訴えていた。

関連記事

トピック
2020年東京オリンピック・パラリンピック (258)
タグ
五輪, セクハラ, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント