00:37 2021年05月13日
日本
短縮 URL
2020年東京オリンピック・パラリンピック (273)
0 90
でフォローする

日本の自民党の二階俊博幹事長は、東京五輪・パラリンピックについて、日本で新型コロナウイルスの感染拡大が続く場合は、中止も選択肢になるとの考えを示した。日本のマスコミが報じた。

毎日新聞によると、二階氏は15日のTBSのCS番組収録で、新型コロナの感染拡大が続く場合の東京五輪・パラリンピックについて「これ以上とても無理だということだったら、これはもうスパッとやめなきゃいけない」と述べ、中止の選択肢もあるのかという司会者からの問いには、「それは当然だ。オリンピックでこの感染病をまん延させたら、何のためのオリンピックか分からない。そこはその時の判断で良い」と答えた。

一方、二階氏は「国民の同意を得て盛り上げていくことは日本にとって大事だし、チャンスだ。ぜひ成功させたい」と指摘した。

関連ニュース

トピック
2020年東京オリンピック・パラリンピック (273)
タグ
五輪, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント