00:00 2021年06月23日
日本
短縮 URL
0 15
でフォローする

6日夜、横浜市でペットとして飼育されていた体長およそ3.5メートルの「アミメニシキヘビ」が脱走した。警察は7日朝からヘビの捜索を開始する。日本の各メディアが伝えている。

6日午後9時半ごろ、横浜市戸塚区に住む男性から「飼っていたヘビが逃げた」と警察に通報があった

警察によると、逃げたのは体長およそ3.5メートル、重さおよそ13キロの黄色の「アミメニシキヘビ」だという。

アミメニシキヘビは動物愛護管理法で飼養などに許可が必要な「特定動物」に定められており、男性は横浜市の許可を受け2017年ごろからヘビをケージに入れて部屋で飼っていた。

男性が6日午後9時ごろに帰宅したところ、ケージの扉が開き、部屋の窓も開いていたという。

アミメニシキヘビは毒を持っていないものの、締め付ける力が非常に強く、人に巻き付いて窒息させたり、噛まれると失血死する恐れもあるという。

警察はパトカーで付近を巡回し警戒するとともに、7日朝から捜索する。

関連ニュース

タグ
事故, ペット, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント