06:56 2021年09月27日
日本
短縮 URL
0 60
でフォローする

鹿児島大学総合研究博物館とかごしま水族館の研究チームは11日、これまで日本では見つかっていなかった魚「ニホンイトヨリ」が、日本国内で初めて確認されたと発表した。

研究チームによると、ニホンイトヨリは学名の種小名が日本を意味する「japonicus」で、和名にもニホンが含まれるが、これまで日本国内では確認されていなかった。

日本のマスコミによると、今回、日本で初めて確認されたニホンイトヨリは、2020年1月に種子島の西之表港で美座忠一さんが釣り上げ、鹿児島大学総合研究博物館に寄贈したもの。

​研究チームによると、仔稚魚期に台湾周辺海域から黒潮によって流され、種子島周辺に定着し、成長した可能性が高いという。

関連ニュース

タグ
研究, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント