03:17 2021年06月19日
ロシア
短縮 URL
0 50
でフォローする

巨大なアメリカオオアカイカがクリルのシコタン島沿岸で漁労網にかかった。漁師の1人であるアリハンドロ・オマロフさんが深海の巨大生物の写真を自身のインスタグラムで公開した。

 オマロフさんは、「写真には人生で誰にも、そして一度も自然界でその姿を見ることを勧めることのないものが映っている。写真に写っているのはアメリカオオアカイカだ」とコメントを投稿した。

Посмотреть эту публикацию в Instagram

Публикация от Фотограф 📷 Астрахань & моряк (@ph_aliomarov)

オマロフさんによれば、捕獲されたイカは体調が2メートルに達し、重量は30キロあった。このイカには長外套と2本の触腕、8本の足が確認された。

オマロフさんは、世界では獰猛なアメリカオオアカイカに人が襲われたケースが数百例あることが知られていると指摘した。

アメリカオオアカイカはもっとも巨大なイカの1種。この種では体長が2.5メートル、重量が50キロに達するものがある。これらのイカは人間に対して攻撃的であることが知られ、狩猟時に自分の体色を変えることができる。

関連ニュース

タグ
ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント