09:07 2021年08月04日
日本
短縮 URL
0 40
でフォローする

日本政府は米企業アップル(Apple)とグーグル(Google)を対象に、その活動が反独占禁止法を違反していないか、また公正な競争を阻害していないかを調査する。日経新聞が報じた。

同紙によると、6月中にも作業部会を招集し、日本のスマートフォン端末メーカーから米2社との取引についてヒアリング調査を行う。現在、日本のOS市場ではアップルのiOSとグーグルのAndroidのシェアは合わせて約9割に達している。

何らかの疑わしい行為が見つかった場合には、日本の反独占禁止法の強化につながる可能性があるという。

関連ニュース

タグ
スマホ, Google, Apple, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント