2014.12.22 , 12:44

米国の学者 マリアナ海溝の水深8000メートルで新種の魚を発見 (VIDEO)

米国の学者 マリアナ海溝の水深8000メートルで新種の魚を発見 (VIDEO)

米国の学者たちは、太平洋のマリアナ海溝を調査し、水深8000メートルに生息する新種の深海魚を発見した。

生物学者のポール·ジェンセン氏は、「私たちはこの深海魚を見たときショックを受けました。この魚は、子犬と天使とウナギを合わせたようなものだと言った人がいました」と語った。Los Angeles Times紙が伝えた。
発見された深海魚の体長はおよそ25センチで、部分的に透明であり、骨格が見えるという。
Los Angeles Times紙が掲載した動画の中で、魚は、長いひれを飛行機のように広げて泳いでいる。
Los Angeles Times紙によると、発見された魚は、これまでに確認された中で、最も深い海底に生息する魚だという。

リア・ノーヴォスチより

  •  
    シェアする