08:16 2018年11月17日
日本の会社が2017年の主なサイバー脅威を予測

日本の会社が2017年の主なサイバー脅威を予測

© Fotolia / Uli-B
社会
短縮 URL
0 51

専門家が指摘するには、サイバー犯罪者は時代とともに進んでいき、最新テクノロジーや最も普及した製品に焦点を当てる。

日本のトレンドマイクロの予測によると、2017年には大企業への、ビジネスメール詐欺を含めた新たな攻撃方法が現れる。

また、サイバー恐喝の戦術普及と、世論操作のためのサイバープロパガンダの手法適用が想定される。

「モノのインターネット」や「インダストリアルIoT(IIoT)」やアップル製品はますます脆弱になっていっている。

現在すでに46%の世界の人口がインターネットへのアクセスを持っていると指摘されている。これを受けて、専門家はサイバープロパガンダが強まることに何よりも危険を見ている。サイバープロパガンダはソーシャルネットワークのある利用者グループに対して向けられるデータトラフィックの自動生成やフェイクニュース生成を含んでいる。

先に伝えられたところ、「モノのインターネット」は致命的になった。

関連:

Facebook、対偽ニュース戦略を策定
ツィッターに顔判別機能がつく
タグ
ハッカー, インターネット, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント