17:35 2017年09月24日
東京+ 25°C
モスクワ+ 10°C
    中国 役人の職務怠慢対策会議の最中に当の役人らが居眠り

    中国 役人の職務怠慢対策会議の最中に当の役人らが居眠り

    © Fotolia/ Joesphotostyle
    社会
    短縮 URL
    130462

    中国湖北省で職務怠慢な役人ら6人が処罰を受けた。6人はモチベーションアップ法を話し合う会議の席でなんと居眠りをしていた。ロイター通信が報じた。

    事件が起きたのは襄陽(じょうよう)市。サイトEcns.cnによれば6人のうちひとりは低所得者向け住居を助成する基金の副代表で、もうひとりは中国共産党の都市計画局の副局長。

    居眠りで処罰を受けた6人の役人の顔写真はポータルkmzscc.comに掲載されたため、中国のSNS上での激しい批判を呼んだ。

    襄陽市の中国共産党規律局は6人に公開の場で居眠り行為についての謝罪を命じた。

    それより前に中国の裁判所は、雲南省の元共産党委員会書記の白恩培(バイ・アンペイ)被告に、2億4600万元(約3700万ドル)という特に巨額の汚職金額を受け取ったことに対し、死刑判決を言い渡した。

    タグ
    中国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント