21:10 2018年08月19日
87歳のロシア人 エルブルス山登頂の世界記録更新

87歳のロシア人 エルブルス山登頂の世界記録更新

© 写真: Russian Mountaineering Federation
社会
短縮 URL
130

ニジニー・ノブゴロド出身のジノヴィー・スラヴィンスキーさんが87歳という年齢でヨーロッパ大陸最高峰のエルブルス山(標高5642メートル)に登頂を果たした。登山観光を扱うウェブサイト「Climbing.ru」によると、今回の登頂によりスラヴィンスキーさんはエルブルス山の最高齢登頂記録を更新した。

スプートニク日本

これまでの記録はウクライナ出身の登山家、ウラディミル・モノハロフさんが2006年に80歳で達成していた。

スラヴィンスキーさんにとって、今回のエルブルス山登頂は初めての最高齢登頂記録達成ではない。2016年にはコーカサス山脈中部のカズベク山(標高5033メートル)に85歳で登頂している。

スラヴィンスキーさんは毎日のトレーニングで、ニジニー・ノブゴロドにある高低差およそ40メートルの「ボルガ坂」を1日25回登っている。また健康維持のため、これまで50年間にわたってエレベーターを使わず、食事は1日1回に抑えているという。

関連ニュース

学者-健康的なライフスタイルが常に長寿へつながるとは限らない

タグ
ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント