02:21 2018年04月22日
東京+ 16°C
モスクワ+ 12°C
    米国 宝くじ自販機が故障 出てくるのは当たりくじだけ

    米国 宝くじ自販機が故障 出てくるのは当たりくじだけ

    © Fotolia / Ralf Geithe
    社会
    短縮 URL
    1104

    米サウスカロライナ州で地元の宝くじを売る自動販売機が故障し、当たりくじだけを売りはじめた。その結果、1枚500ドルの賞金の当たりくじばかりが売られたが、くじの賞金総額は2千万ドル。WYFFニュース4が報じた。

    スプートニク日本

    当たりくじだけが売られる故障が起きたのは2時間。くじには数字の列が5列あり、シンボルが一致しれば、その列ごとに100ドルを受け取ることができる。なかには当たりくじだけが売られていることに気づき、数枚を一度の購入する客もいた。

    ある女性は義母からの資金支援も得て100ドル分の宝くじを買い、1万8千ドルを設けた。

    ところがこの女性がお金を受け取ろうとすると、宝くじの番号が無効扱いになった。宝くじの運営会社は公式的にミスを認め、こうした事態を招いた原因究明に乗り出している。

    関連ニュース

    宝くじなど当たらないと証明しようと買った1枚で100万ドルが当選

    タグ
    米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント