15:34 2018年06月21日
黒人逮捕事件後の「スタバ」 注文なしでもトイレ使用、着席OKに規則変更

黒人逮捕事件後の「スタバ」 注文なしでもトイレ使用、着席OKに規則変更

CC BY-SA 3.0 / 4028mdk09 / Starbucks Coffee
社会
短縮 URL
154

「スタバ」の通称で日本でも大人気の米国コーヒーチェーン店「スターバックス」が営業規則を変更し、希望者は誰でも店内のトイレを使用し、何も注文していない場合でも席に着くことができるようになった。従来の規則ではテーブルに着く場合は必ず何かを注文しなければならないことになっていた。

スプートニク日本

「スターバックス」の声明には、「私たちはコーヒー店が温かく、ホスピタリティ溢れる空間となり、お客様の誰もが人と会い、話ができる(家でも仕事場でもない」第3の場となることを望んでいます)と書かれている

「スターバックス」が営業規則の変更を余儀なくされたのは4月半ば、フィラデルフィアにある「スターバックス」直営店で起きた事件がきっかけ。同店で何も注文せずに座り、友人を待ち続けていた黒人男性2人が店員が呼んだ警察によって不法侵入の疑いで逮捕された。黒人らは警察に数時間拘束され、釈放された。この事件に全米で非難の声があげられ、あちこちで抗議運動が起きた。抗議運動の参加者らは、この若者らに差別的態度がとられたのは彼らが黒人であったからだと主張した。

「スターバックス」のケヴィン・ジョンソン社長は公式的な謝罪を行い、事件の詳細を調べることを約束した他、逮捕された2人の黒人に対しては賠償金を支払い、カレッジの学費を支払うことを提供している。

関連ニュース

スタバのコーヒー 世界で一番高いのはどこの国?

タグ
事件
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント