20:59 2018年09月19日
バルセロナ(スペイン)

観光客は自殺しよう スペインで新提案

© Sputnik / Vladimir Astapkovich
社会
短縮 URL
0 39

スペイン・バルセロナで観光客に自殺を呼びかけるポスターやグラフィティが現れた。英紙タイムズが報じた。

スプートニク日本

こうしたポスターはグエル公園近くなど人気の観光地で確認される。バルセロナ市の報道担当は、これらが近いうちに撤去されると発表した。

ポスター拡散の責任者として名乗りを上げた団体や個人はいないが、地元住人は、多数の外国人観光客がスペイン人の生活を害するとして対策を講じるキャンペーンの一部だと確信してい
る。

以前、カタロニアの左派過激派のメンバーは新たな観光客対策としてシリコーン系粘着剤を考案。政党「人民統一候補」を支持する極左団体「Edvant」は、ホステルや旅行会社、レンタル自転車、ロッカーの鍵をシリコーン系粘着剤で覆う動画を公開した。

観光客は金をもたらすが、現地住民の生活を耐えられないものにする。

関連ニュース

人工知能、91%の精度でMRIから自殺願望者の予測が可能に

ロシアのバイカーが、自殺志願者を救う

タグ
観光, スペイン
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント