12:01 2018年12月13日
モニカ・ルインスキー氏

クリントン米元大統領とのセックススキャンダル モニカ・ルインスキー氏のドキュメンタリーシリーズが放映【動画】

© © Screenshot: A&E/YouTube
社会
短縮 URL
0 31

11月18日、テレビチャンネルA&Eで、米国史上もっとも有名な内政スキャンダルの1つ「クリントン問題」のドキュメンタリーシリーズが放映された。モニカ・ルインスキー氏とビル・クリントン第42代米国大統領の関係が始まったのは彼女が22歳の時。この問題はクリントン大統領をあやうく弾劾寸前まで追いやった。

スプートニク日本

シリーズは、ルインスキー氏が過去について語った20時間におよぶ連続インタビューからなる。彼女によれば、クリントン氏は、セクハラ訴訟を避けるため、ルインスキー氏が証言を拒否することを記した書類にサインするように頼んだという。彼女は、スキャンダルが公になったことで、彼女の家族に多大な損害が生じることをとても心配したと、回想している。

先日、ルインスキー氏は、ヒラリー・クリントン氏と娘のチェルシー氏に対して謝罪した。

ルインスキー氏は3月、米誌『ヴァニティ・フェア』に寄稿した。その中で彼女は、彼らの親密さには強制的な瞬間はなかったと強調した、しかし、今では、「ホワイトハウスの大統領と研修生とでは、どれだけ立場が不平等であったか」と考え始めたと打ち明けた。

クリントン氏とルインスキー氏の情事は1997年にはじまった。

クリントン氏は辛くも大統領辞任を逃れたものの、このスキャンダルが原因で、2000年の大統領選挙で民主党候補は敗れている。

関連ニュース

エリツィン・クリントン両元首脳によるプーチン氏の人物評、公開

クリントン元長官と同じ規則違反か 職務メールやりとり規則に違反した娘をトランプ大統領が擁護

タグ
スキャンダル, 歴史, 映画, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント