16:45 2019年07月18日
女性(アーカイブ)

女性にとって最も危険な国ワースト10に米国 ロイター

© Depositphotos / Mr.Siriwat Nakha
社会
短縮 URL
288

ロイター通信が調べた、2018年に女性にとって最も危険だった国、ワースト10に米国が入った。

スプートニク日本

女性にとっての危険度を調べる上は健康、差別、性的またそれ以外の暴力、奴隷貿易または身体の使用といった項目が考慮された。

1位はインド、2位アフガニスタン、3位シリアでこの他にはソマリア、サウジアラビア、パキスタン、コンゴ、イエメン、ナイジェリア、米国が入っている。

2018年に医療サービスが最も劣悪だった国はアフガニスタン、シリア、ソマリアだった。

アフガニスタン、サウジアラビア、インドの女性はどの国の女性たちよりも重い差別をうけており、労働、給与の支払い、土地、財産、遺産に対する権利の不平等、教育が受けられない、十分な食料が得られないことで苦しんでいた。

ロイター通信は女性にとって一番危険な伝統文化として酸を無理やり使用すること、残酷な割礼、婚姻の強制、石を投げつける、身体的暴力、罰として身体に障害を負わせること、女児の殺害を列挙した。こうした危険な伝統を持つ国ワースト3にはインド、アフガニスタン、ソマリアが入った。

女性の奴隷貿易または身体の使用が行われている国として危険ワースト3に入ったのはインド、リビア、ミャンマー。奴隷制、強制労働、婚姻の強制、性奴隷といった要因が挙げられている。ロイターは4位にナイジェリアとロシアを挙げている。

タグ
米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント