20:15 2019年09月16日
アサンジ

英外務省、アサンジ氏は死刑にならないことをエクアドルに確約

© REUTERS / Henry Nicholls
社会
短縮 URL
150
でフォローする

ガーディアン紙は、ロンドンのエクアドル大使館で逮捕された内部告発サイト「ウィキリークス」の創始者ジュリアン・アサンジ容疑者について、英国のハント外相とジョンソン前外相がエクアドルのモレノ大統領に、死刑を受ける恐れがある国にはアサンジ容疑者を引き渡さないと確約したと報じた。

スプートニク日本

両氏が個人的に署名した書簡が、2018年3月7日と8月10日にモレノ大統領へ送られたという。

書簡では「英国の法律に従い、その人物が死刑に処される場合、その人物の引き渡しは実行できないことを確認できる」と述べられている。

身柄引き渡し請求があった場合には英内相がこの問題を検討し、死刑は判決として科されない、または執行されないという確約と保証を国から得なければならないという。

関連ニュース

タグ
エクアドル, ジュリアン・アサンジ, ウィキリークス
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント