11:00 2019年06月18日

ドリス・デイさん死去 ハリウッド黄金時代の伝説的女優

© 写真: Public domain
社会
短縮 URL
0 01

米女優・歌手のドリス・デイさんが13日、97歳で死去した。デイさんはハリウッド黄金時代のスターであるとともに、最も人気の高い20世紀の女性歌手の一人。

スプートニク日本

デイさんが出演した映画『カラミティ・ジェーン』(1953年)は成功を収め、劇中でデイさんが歌った曲「シークレット・ラブ」は米アカデミー賞を受賞した。

1956年には、アルフレッド・ヒッチコック監督による映画『知りすぎていた男』に出演。同作品で楽曲「ケ・セラ・セラ」を歌い、同楽曲はデイさんに2度目のアカデミー賞をもたらした。

ほかにも数々の映画に出演し、クラーク・ゲーブルやケーリー・グラント、フランク・シナトラと共演した。

米ロサンゼルス・ハリウッドにある「ウォーク・オブ・フェーム(名声の歩道)」には、デイさんの名前が刻まれた星形プレートが2枚埋め込まれている。一枚は映画の発展への寄与を、もう一枚は米音楽業界の発展への寄与を称えるものだ。

タグ
米国, 映画
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント