11:02 2019年06月18日
オランダの17歳少女 レイプ被害から安楽死求める

オランダの17歳少女 レイプ被害から安楽死求める

© 写真: Instagram/ Winnen of Leren
社会
短縮 URL
0 514

2日の日曜日、ノア・ポスオブンさん(17)は、オランダの法律によって保証された安楽死への権利を行使し、自ら人生を終わらせた。英紙「デイリー・メール」が報じた。ノアさんは、幼少期に性的虐待を受けたことから深刻なうつ病を発症し、これを克服できなかったことから、自分は決断を下したと説明した。

スプートニク日本

11歳の時にノアさんは、 学校の友だちのパーティーで最初にレイプされた。

一年後、その状況は繰り返され、さらに、 14歳の時に2人の成人男性によって彼女は再びレイプされた。 ノアさんは自分の不幸について家族にさえ話すことを恐れていたた め、両親は、長い間、なぜ彼女が突然痩せはじめ、衰弱し、 頻繁に自殺について話をするようになったのか理解できなかった。

自分が経験した恐怖について、ノアさんははじめて自伝的な著書「 勝利または学習」で語った。ノアさんは、 自分は乗り越えられなかったが、 若者が人生の困難を克服するのに、 彼女の本が役立つことを望んだ。

ノアさんは、 オランダに未成年者が心理的または身体的な援助を求めることがで きる専門機関や診療所がないことは、間違いだと考えていた。

オランダでは、安楽死は12歳から正式に認められているが、 17歳未満の若者は、両親または後見人の許可を必要とする。

UPDATE: 先に、英ガーディアン紙は、幼少期に受けた性的虐待を苦に「安楽死」したと最近報じられたオランダ人少女(当時17)について、実際には自殺目的で飲食を断った結果死亡した可能性が高いと伝えた。

タグ
怖い, 欧州, オランダ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント