19:45 2019年08月26日
ジェフリー・ エプスタイン

性的人身売買の罪で拘留していたエプスタイン被告の死は「深刻な疑問」を呼んでいる=米司法長官

Sipa Press/Rex Features
社会
短縮 URL
0 70

性的人身売買の罪で起訴された米国の大富豪、ジェフリー・ エプスタイン被告が10日、拘置所で遺体となって発見された。米司法省と連邦捜査局(FBI)は、エプスタイン被告の死について調査を開始した。ウィリアム・バー司法長官が発表した。

エプスタイン被告は、未成年の少女数十人を売春に勧誘、斡旋した罪で拘留されていた。

検察側の主張によると、エプスタイン被告は2002年から2005年にかけてニューヨークとフロリダの自宅で未成年者らと性的関係を持った。被告は数百ドルを現金で支払い、その後、数人に新しい少女たちを勧誘して連れてくるよう指示した。複数の被害者は14歳を超えていなかったという。

エプスタイン被告は8月10日、拘置所で自殺した

バー司法長官は「エプスタイン氏の死は、答える必要のある深刻な疑問を呼んでいる。FBIの捜査に加え、私もエプスタイン氏の死の状況について捜査を開始している監察長官(司法省)と協議した」との声明を表した。

SNSやマスコミでは、どうしてエプスタイン被告は拘置所で自殺できたのかと議論されたが、その後、エプスタイン被告は自殺する傾向がある人物として刑務所側の特別な管理下には置かれていなかったことが分かった。

関連ニュース

ユニバーサル・ピクチャーズ、米国での銃乱射事件を受け、映画の公開を中止

タグ
米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント