17:18 2019年12月08日
サーファー

ドローンからの警告が、サメの襲撃からサーファーを救う【動画】

© REUTERS / Trevor Moran / Red Bull
社会
短縮 URL
0 82
でフォローする

オーストラリア人のドローン愛好家、クリストファー・ジョイさんは、サーファーに音声による警告を送り、サメの攻撃から救った。The Mirrorが伝えた。

報道によると、ジョイさんは休日の日曜をビーチで過ごし、いつものようにドローンを飛ばして海の生物を観察していた。

すると体長およそ3.5メートルのサメがサーファーに向かって泳いでいることに気づいた。ジョイさんはドローンに設置されているスピーカーを使って危険が迫っていることをサーファーに伝えた。

警告を耳にしたサーファーはサーフボードの向きを変えて岸に急ぎ、サメは去っていった。

ジョイさんはドローンで撮影した動画をネット上に投稿した。

​ジョイさんは「(これは)ドローンオペレーターがスピーカーを通して人間に危険を警告してサメの攻撃を防いだ世界で初めてのケースかもしれない」と伝えた。

ジョイさんは、動画のサメはクロヘリメジロザメあるいはホホジロザメだと考えている。これらのサメは人間にとって危険な種類のサメだ。

タグ
事故
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント