23:18 2019年11月17日
インターネット

児童ポルノサイト摘発事件 捜査の決め手はビットコイン

© Fotolia / Drobot Dean
社会
短縮 URL
0 10
でフォローする

米国当局は韓国籍の男が運営していた世界最大級の児童ポルノウェブサイトの摘発・閉鎖を明らかにした。利用者はビットコインでポルノサイトの利用料を支払っており、ビットコインの取引履歴から関係者や匿名ユーザーの正体を割り出したとみられる。ブルームバーグが報じた。

報道によれば、米当局は16日、韓国籍のジョン・ウー・ソン被告(23)に対する起訴状を公開した。検察によると、被告は通常の検索では容易に見つからないサイバー空間のいわゆる「ダークネット」で「ウエルカム・トゥー・ビデオ」というサイトを運営していた。被告はビットコインで利用料の支払いを受け、性的に露骨な児童の動画をおよそ100万点余り配信していた。被告は有罪判決を受けており、韓国の刑務所で1年6カ月の禁固刑に服役している。

捜査員らがサイトを閉鎖した2018年3月以降、米国や英国、ドイツ、ブラジルなど11カ国で、337人のサイト利用者が逮捕された。また、利用者の逮捕は世界38カ国に及ぶ。

米国の内国歳入庁と国家安全保障省の捜査には、各国の当局が協力。捜査担当者らはビットコイン取引から匿名ユーザーの正体を割り出したとみられる。

関連ニュース

タグ
インターネット, 米国, ポルノ, 韓国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント