07:01 2019年11月16日
エリザベス女王

エリザベス2世 フォトセッションで王室のプロトコルに反する

© REUTERS / Peter Nicholls
社会
短縮 URL
0 20
でフォローする

英国女王エリザベス2世は、数年前にスタイリストのアンジェラ・ケリー氏の著書用のフォトセッションに参加した際にプロトコルに違反した。現在、これらの画像が「ハロー」誌の最新号で公開された。「ザ・サン」紙が報じた。

撮影のためエリザベス2世は、ツイードの服のポケットに手を入れたポーズをとった。これは礼儀作法として規定がされていない。

著書『ザ・アザー・サイド・オブ・ザ・コイン:女王、ドレッサー、そして更衣室』を執筆したアンジェラ・ケリー氏によれば、エリザベス2世はいつもプロトコールに反することを望んだが、しかし、そうすることを、はじめは両親が、その後は自身の地位が、彼女に禁じた。

数年前、アンジェラ氏は、以前から望んでいたような方法で撮影することをエリザベス2世に進言した。

アンジェラ氏は、「陛下はカメラのレンズの前に立ち、まるでプロのモデルのようにポーズを取り始めた。私は女王があまりに自然なのにとても驚かされました」と語った。

関連ニュース

タグ
英国, エリザベス2世
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント