01:43 2020年08月12日
社会
短縮 URL
0 11
でフォローする

フランスのファッションハウス・ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)が大阪に新たな大型ビルを開設し、その中にカフェとレストランをオープンした。

カフェとレストランはこのブティックビルの4階の全フロアーを占め、シェフは須賀 洋介氏が勤める。レストランSugalabo Vは、須賀 洋介氏がシェフを勤める東京のレストランSugalaboが出店したもの。東京店はアジアの人気レストランのトップ50に、また、世界の人気レストランのトップ120に入る名店として知られる。

Посмотреть эту публикацию в Instagram

Публикация от Louis Vuitton Official (@louisvuitton)

カフェLe Café V への入店は自由だが、レストランへはそうはいかない。Sugalabo Vはテーブル予約をした上でのディナー限定となる。店内には、数名に限った客室が用意され、そこへは特別な秘密の扉を通じてしか入ることができない。

Посмотреть эту публикацию в Instagram

Публикация от MyFatPocket (@myfatpocket)

カフェとレストランのデザインは著名なデザイナーの吉岡徳仁氏と、建築家の青木淳氏が行なった。デザインの構想については、ビルは波間を進む船舶を連想させる。インテリアデザインは、同様に海がテーマとされ、色合いは青と緑が基調、また、メインホールは船のキャビンを彷彿させる。

関連ニュース

タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント