15:50 2020年03月31日
社会
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

スペインのオペラ歌手で指揮者のプラシド・ドミンゴ氏が、同氏からセクハラを受けていたとして2019年に告発した女性たちに謝罪した。

AP通信によると、ドミンゴ氏はこの数カ月間、「多数の同僚」からの告発について深く考えたという。

ドミンゴ氏は「発言することでやっと十分心地よく感じることのできた女性たちに理解を持って接する。また、私が彼らに苦痛を与えたことを心から申し訳なく思っていることを、彼らに知ってほしい。私は自分の行動のすべての責任を負う。私は今回のことからたくさんのことを解釈し直した」と述べた。 

またドミンゴ氏は「いま私は、これらの女性のうちの数人が正直に話すことを恐れていたかもしれないことが理解できる。もしそうしたら自分たちのキャリアに悪影響が及ぶことを危惧して。だがこれが私の意図であったことは一度もなかった。誰も、決してそのように感じるべきではない」と語った。

ドミンゴ氏は「誰もそのような経験をすることがないよう」努力する意向だという。

ドミンゴ氏の疑惑とは?

米国音楽芸術家組合が雇ったCozen OʼConnor法律事務所の弁護士らは、1990年代から2000年代に27人がドミンゴ氏からセクハラを受けた、またはそのような行為を目撃したことを明らかにした。

被害を受けた女性たちは、ドミンゴ氏が無理やり体を触ったり、キスをしようとしたり、夜に電話をかけて執拗に呼び出したりしたと主張している。2人の女性が、拒否した場合、キャリアに影響することを恐れて、ドミンゴ氏と性的関係を持ったと述べている。

タグ
米国, セクハラ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント