22:43 2020年06月05日
社会
短縮 URL
0 03
でフォローする

ロシアの総合格闘家ハビブ・ヌルマゴメドフ選手の父親のアブドゥルマナプ・ヌルマゴメドフ氏(57)は、肺炎を患った後に昏睡状態に陥った。

4月25日にアブドゥルマナプ・ヌルマゴメドフ氏は肺炎の疑いでマハチカラ市の病院に搬送され、新型コロナウイルスの検査を受けていた。

ロシアのスポーツ紙「スポルト・エクスプレス」によれば、ヌルマゴメドフ氏は状態が急激に悪化したことから特別機でモスクワに搬送された。現在、同氏はモスクワの軍専用病院で治療を受けている。

アブドゥルマナプ・ヌルマゴメドフ氏はこれまで18人の世界チャンピオンを育成している。同氏はもっとも成功した国内のコマンドサンボのコーチとしてロシア版ギネスブックに記録されている。ロシアや世界の多くのスポーツ選手がインターネットでアブドゥルマナプ・ヌルマゴメドフ氏へお見舞いのコメントを寄せている。ハビブ・ヌルマゴメドフ選手のかつてのライバルであるコナー・マクレガー選手や格闘技団体UFCのダナ・ホワイト代表もコメントを寄せた。

​関連ニュース

タグ
格闘技
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント