16:48 2020年08月11日
社会
短縮 URL
0 41
でフォローする

トルコのエルドアン大統領は、イスタンブールの世界遺産アヤソフィアでサラート(礼拝)を呼びかけた。アヤソフィアでは1934年以来86年ぶりとなる金曜礼拝が始まった。通信社スプートニクの記者が伝えた。

トルコ国家評議会(最高行政裁判所)は今月10日、トルコ政府がアヤソフィアの地位をモスクから博物館に変更した1934年の決定を無効とした。その後、トルコのエルドアン大統領はアヤソフィアをモスク(イスラム教礼拝所)に変更する大統領令に署名した。

© Sputnik / Press Service of Hagia Sophia
アヤソフィアで86年ぶりに礼拝

アヤソフィアはビザンツ帝国のユスティニアヌス帝によって建造され、537年12月27日に開館した。アヤソフィアは約1000年の間、キリスト教世界で最大の聖堂だった。1453年にオスマン帝国がコンスタンティノープルを陥落し、ビザンチツ帝国が滅びた後、モスクに改修され、1934年に博物館となり、その後、ユネスコの世界遺産に登録された。

© Sputnik / Emre Öz
アヤソフィアで86年ぶりに礼拝

スプートニクは以前、世界遺産のアヤソフィアが置かれた状況について詳しく伝えている。こちらをお読みください

タグ
トルコ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント