02:54 2020年11月25日
社会
短縮 URL
0 46
でフォローする

ローマ教皇フランシスコ(82)は同性カップルの婚姻を公に認める法律の採択を呼びかけた。この声明はドキュメンタリー映画『フランシスコ』の中で表された。映画の試写会は10月21日、ローマで行われた。ワシントンポスト紙が報じた。

フランシスコ教皇はホモセクシャルだからといって自分の性的嗜好が原因で世間から見捨てられたり、不幸せになるべきではないとし、「彼らは神様の子どもであり、家族を作る権利を有しています」と述べて、同性の婚姻が法の擁護を受けるべきだという考えを示した。

1992年に出されたカトリック教義を記した「カトリック教会のカテキズム」の2356-2360項目には、聖書は「同性愛的行為は言うまでもなく法にそむくことである」と名言していると書かれている。

フランシスコに比べ、前任のベネディクト16世は同性愛へはそれほど寛容ではなかった。ベネディクト16世は同性愛を「内面的なモラルの悪」と呼び、LGBTQ+に属す者を聖職者に選出することは禁じていた。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント