08:30 2021年09月21日
社会
短縮 URL
0 31
でフォローする

英国のポップ歌手ロビー・ウィリアムズ氏(46)がシーフードによりあわや命を落とすところだった。ミラー紙が報じた。同氏は、1日に摂取する魚類の食事量があまりに多かったことから、水銀中毒を起こしてしまった。

海の魚と海産物は人体に水銀を蓄積させる原因となる。

海の生物は淡水の生物よりも体内に水銀を多く蓄積するが、それは大海への水銀の廃棄に起因し、また、塩水での水銀結合の化学変化という特徴によって人体への危険を増加させる原因となる。

医師らは、ウィリアムズ氏がタコやイカ、マグロを好んで食べることが皮膚ガンや肺疾患の原因になるおそれがあると指摘した。その際、同氏は血液検査を受けていなかったので、自分の健康上の問題について考えても見なかった。

同氏は、「私は1日に2回魚を食べていました。そして、医師がこれまで診察した中でもっとも深刻な水銀中毒となっていました」と語った。ウィリアムズ氏は冗談で、体内の水銀レベルで記録を打ち立てることができたと喜んで見せた。

関連記事

タグ
食品, 音楽
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント