14:51 2021年05月09日
社会
短縮 URL
0 60
でフォローする

中国の全国人民代表大会(全人代)の常務委員会で29日、食品ロス対策として飲食店での食べ残しや食品の浪費などを規制する「反食品浪費法」が可決・成立した。TBSテレビが報じた。

TBSテレビが中国の新華社通信を引用し報じたところによると、「反食品浪費法」では、客が食べ残した場合、飲食店側が客にゴミ処理代を請求することが可能となる。また、飲食店側が客に大量に注文するよう促した場合、最高で1万間元(約17万円)の罰金が科されるという。

さらに、動画サイトで大量の食べ物を食べる様子を配信する「大食い動画」を制作・投稿した場合も、最高で10万元(約170万円)の罰金が科される。

大食い動画は以前から中国国内で人気コンテンツとなっていたが、食品ロスや食品浪費観点から問題視されていた。習近平国家主席が昨年夏、取り締まりを強化するよう指示していた。

関連記事

タグ
食べ物, 中国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント