16:27 2021年06月15日
社会
短縮 URL
0 51
でフォローする

英国政府はペットおよび野生動物の保護に関する一連の法案採択を予定している。とりわけ立法レベルでは、英国において動物が「知的存在」としてのステイタスを得ることになる。当局のサイトで明らかとなった。

これにより、ハンティングトロフィーの輸入や電気ショック首輪、動物の密輸を禁止する輸入法改定が禁止され、霊長類をペットすることの禁止、屠殺および肥育目的の動物の輸入の禁止が規定される。

また、英国では象牙の販売の禁止が望まれており、同様に、ガチョウまたはアヒルのフォアグラを生産するため喉へチューブを入れて強制的に肥育されることがよくあることから、フォアグラの販売禁止について研究が求めらている。例えば象に乗って移動するなど、国外で調教された「動物に対する容認しがたい扱い」を用いた広告の禁止も検討されている。

リリースでは、「私たちが欧州連合を脱退した今、英国には動物の保護基準における今後の条件や世界的な動物の権利の守り手として自らの立場を強化するための新たな自由が生まれた」と強調がされた。

すでに昨年夏に英国ではいくつかのスパーマーケットチェーンが「猿の奴隷労働」で生産されたココナツ製品の販売を中止している。

関連ニュース

タグ
英国, 動物
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント