03:48 2021年09月28日
社会
短縮 URL
0 06
でフォローする

米アマゾンは、従業員がハードワークに対処できるようにするための支援を目的とした「WorkingWell」プログラムを開発した。アマゾンは、緊張を伴う職場環境の中で、従業員がストレスに打ち勝ち、エネルギーを「充電」する手助けをするために、「瞑想ボックス」を設置する。ヴァイス・メディア(Vice)が報じた。

Viceによると、アマゾンは、「AmaZen」または「Mindful Practice Room」という瞑想のためのボックスを設置する。ここには植物、扇風機、心を落ち着かせるための動画を視聴するためのパソコンなどがあり、従業員は瞑想をしたり、アファメーションを聞いたりするために使用できるという。

またWorkingWellプログラムでは、1時間ごとにストレッチや呼吸法などについて従業員に案内される。

アマゾンは、従業員の安全プロジェクトに今年3億ドル(約329億円)を費やすと発表した。

Viceによると、アマゾンはずいぶん前からその労働条件が原因で批判を受けており、従業員は過酷な労働について不満を述べているという。

先にガーディアン紙は、アマゾンについて、会社を褒め、従業員が労働組合をつくるのをやめさせるボットを作成した疑いがもたれていると報じた

関連ニュース

タグ
Amazon
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント