11:47 2021年06月13日
社会
短縮 URL
0 33
でフォローする

中国は次の新学年から外国の教育カリキュラムの使用を禁じることを決めた。禁止が及ぶ年齢対象は幼稚園から中学3年まで。中国では日本と同じく大学入学までの学習期間は12年間でそのうち9年は無償で教育が受けられるが、この新法が発効すると、中学校の入学試験も禁止され、外国の私立校の開設も中国人による私立校の開設もできなくなる。

ポータル「ザ・パイ・ニュース」の報道によれば、新たな法律のなかでも特筆に値するのは国立の学校に例えば集金といったような私立校と同じ機能を与えないことだ。

中国政府はここ数年、親が支払う子どもの教育費の高さを問題視してきた。政府の考えでは子どもの教育にかかる費用が高いほど、親たちはさらにもうひとりの子どもを産む気を失くしてしまう。中国では出生率が急落しており、政府は何とかして早急に数値を上げる必要性を感じている。

この他に中国政府は家庭教師の雇用にも改革を行う構えで、休日における家庭教師の雇用や平日の授業時間の制限も禁止対象に含まれている。

関連ニュース

タグ
中国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント