02:01 2021年08月06日
社会
短縮 URL
0 10
でフォローする

英国のコンピュータ学者でWWW(World Wide Web)の考案者であるティム・バーナーズ=リー氏は、WWWソースコードの一部を非代替性トークン(NFT;ノンファンジブル・トークン)として英サザビーズのオークションに出品した。

サザビーズのツイッターによると「歴史的に最も重要なデジタルアーティファクトのひとつ」は540万ドル(約6億円)で落札されたという。

オークションではソースコードとタイムスタンプの入ったファイル、コード記録のあるアニメ動画、ババーナーズ=リー氏のレター、同氏が作ったコード画像の入ったデジタルポスター、以上4点がNFTの形で売りに出された。

​オークションは6月23日から30日まで行われ、スタート価格は1000ドル(約11万1千円)だった。BBCニュースによると、最終日には最高値が350万ドル(約3億8888万円)で止まっていたものの、最終15分を残して新たな買いが殺到したという。落札者の名は明かされていない。

関連記事

タグ
コンピューター, 英国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント