18:52 2021年08月01日
社会
短縮 URL
0 21
でフォローする

米国のガーランド司法長官は連邦レベルでの死刑執行を一時停止する方針を明らかにした。米司法省が最高刑である死刑制度の検証を行う間、停止措置は継続される。

米司法省は公式ウェブサイトで「本日司法省は死刑制度の検証と手続きが終わるまで連邦レベルにおける死刑を停止する覚書を発行した。見直しが行われる間、連邦レベルにおいて死刑は実施されない」と説明。

ガーランド長官の言葉として「司法省は連邦刑事制度において各人に対して米国憲法および法に基づく権利を提供するだけでなく、公正で人道的な扱いを保証しなければならない」「この義務は死刑に関しても特に効力をもつ」と伝えた。

米国では28州で死刑が行われており、死刑は連邦法で定められている。2020年の死刑執行は17件だった。

関連記事

タグ
米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント