20:24 2021年09月21日
社会
短縮 URL
0 04
でフォローする

ドイツのヴァイル・イム・シェーンブーフに暮らす男性が父親の彫像の撤去を求められた。この男性は父親の墓に彫像を建てたが、これが独裁者ヒトラーに似ていると住民らからクレームが寄せられた。サイト「Times of Israel」が報じた。

報道によれば、男性の名はオリバーさんで、彼は2013年に亡くなった父親の墓に木製の彫像を建てた。

この彫像は小さな口髭を貯え、背番号「88」のサッカーのユニフォームを着用した人物を表現している。この番号を過激主義者らはナチス式敬礼「ハイル(heil)・ヒトラー」の代わりに使用している。「H」はラテン語のアルファベットで8番目の文字となる。

地元住民は彫像に対する不満をヴォルフガング・ラル市長に訴えた。同市長はオリバーさんに墓から彫像を撤去するよう求めていた。彼は、住民からたくさんのクレームが数日にわたり寄せられたことからこうした判断に至ったと説明した。

国家の治安分野を担当する役人らが事態の調査を行っている。ドイツでは教育的および歴史的目的の例外を除き、ナチスのシンボルを描写することを禁止している。

関連ニュース

タグ
びっくり, ドイツ, アドルフ・ヒトラー
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント