20:15 2021年09月21日
社会
短縮 URL
0 11
でフォローする

中国のハイテク企業Tencent(テンセント)は、未成年者が同社のビデオゲームをプレイできる時間を制限する。平日は1時間半から1時間に、休日は3時間から2時間に制限される。Tencentは、ゲームを「精神的なアヘン」だと指摘する記事が中国で掲載されたのを受け、このような決定を下した。フィナンシャル・タイムズが報じた。

CNBCによると、Tencentは世界最大のビデオゲーム企業。

フィナンシャル・タイムズによると、テンセントは12歳未満の子どもにゲーム内の購入も禁じるほか、12歳未満の子どもに対するゲームの全面的な禁止も呼びかけているという。

先に、エコノミック・インフォメーション・デイリー(Economic Information Daily)は、オンラインゲームを「精神的なアヘン」だと指摘する記事を掲載した。ロイター通信が報じた。この記事では、複数の生徒が匿名で、Tencentのゲーム「Honor of Kings」を1日8時間プレイしている同級生もいると語っている。

関連ニュース

タグ
中国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント