03:51 2021年09月26日
社会
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

インド西部マハラシュトラ州プネーの男性(63)は、大勢の小人による脅威を常に感じていた。これは稀な精神疾患「不思議の国のアリス症候群」によるものだった。インディア・タイムズが報じた。

不思議の国のアリス症候群の症状の1つは、視覚イメージの歪みで、人や物が実物よりも小さく見えたりするという。

報道によると、このインド人男性は、親指サイズの大きさの数百人の小人に襲撃されるような幻覚に定期的に襲われていた。

当初、男性の家族は気に留めなかったため、男性はすぐに医師に相談しなかった。

数カ月治療を受けた後、男性の健康状態は著しく改善したという。

男性を治療した神経精神科専門医のダルメーンドラ・ケンドラ氏は、不思議の国のアリス症候群は100万人に1人の発症と極めて稀な疾患で、薬物使用、代謝不均衡、電解質異常などが原因の可能性があると説明している。インド人男性の場合、幻覚は心的外傷後ストレスによるものだった可能性があるという。

関連ニュース

タグ
インド, 健康, 病気
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント