14:59 2017年08月17日
東京+ 26°C
モスクワ+ 16°C
    IS シリアのパルミラで一般市民400人殺害

    なぜイスラム国(IS)はイラクと米国を打ち負かせるのか?

    © AP Photo/ The website of Islamic State militants
    中東
    短縮 URL
    0 149815

    米国のバイデン副大統領は、イラクのアバディ首相に対し、今後も「IS(イスラム国あるいはイラクとレバントにおけるイスラム国)」との戦いにおいて米国はイラクを支援し続けると約束した。声明の中では「副大統領は、『IS』戦闘員が爆発物を仕掛けた装甲トラックを利用することから生じる脅威との戦いも含め、『IS』から領土を解放するイラクの努力に対し、米国は完全な支援を約束した」と述べられている。

    バイデン副大統領の声明は恐らく、日曜日、イラク西部アンバル県の行政の中心地ラマディを『IS』の戦闘員らが攻撃した後、カーター国防長官がCNNのインタビューの中で行ったイラク軍に対する非難を打ち消す目的でなされたものだろう。

    カーター国防長官は「多分イラク軍部隊には、戦う意志が欠如していた。イラク軍は、数の上ではかなり敵に対し上回っていたが、それでも戦闘をうまく行えず退却した。これは私に言われていることで、我々も多くもそう考えていると思うが、イラク軍にはISと戦い、国を護る意志の点で問題がある。我々は、イラク軍部隊を訓練し、彼らの装備を整えることはできるが、彼らに戦場に向かう意志を持たせることまでは、当然できない」と述べた。

    一方、イラクのムトラク副首相も、米国により訓練を受けた軍部隊がラマディを護ることができなかったことを批判した。副首相は、CNNテレビの中で「何年も米国人教官の元で訓練を受け、軍の精鋭部隊の一つであるはずの部隊が、ああした形でラマディを敵に渡してしまった。あの部隊は、我々が期待していたようなものではない」と述べている。

    米国内では、中東戦略の失敗に対する批判の声が、特にシリア及びイラクにおいてイスラム国に対し講じられた措置についての批判の声が、ますます高まっている。特に米国上院国防委員会のマケイン委員長は、批判の急先鋒に立ち「私は、現政府の行動の中に、なんら戦略というものが見ることができない。もし誰かが、戦略があるというなら、それを私に示してもらいたいものだ。なぜなら、私には分からないからだ」と手厳しく批判した。

    米国政府が主導する有志連合による空爆にもかかわらず「IS」の戦闘員らは、素晴らしい遺跡のある古都パルミラを占領してしまった。そこでイスラム過激派戦闘員らは、捕虜にした軍人らを大量処刑し、さらに地元当局の関係者及びその親族と分かった人々を次々と殺害している。

    関連:

    ペンタゴン:イラク軍はイスラム国と戦う意思に欠けている
    「イスラム国」、核兵器の 入手期日を宣言
    イスラム国(IS) パルミラの3分の1を制圧
    イラク大統領、イラクの『イスラム国』対策に実質支援を講じたのはイランのみ
    タグ
    米国, イラク
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント