02:08 2017年09月23日
東京+ 19°C
モスクワ+ 13°C
    「国境なき医師団」イタリア代表、「病院爆撃は偶発ではない」

    「国境なき医師団」イタリア代表、「病院爆撃は偶発ではない」

    © AP Photo/ Doctors Without Borders
    中東
    短縮 URL
    14413252

    「国境なき医師団」イタリア・ブランチのガブリエーリ・エミネンテ事務局長はアフガニスタンのクンドゥズで起きた「医師団」の医療施設爆撃は偶発的なものではないと考えている。

    エミネンテ事務局長はイタリアの通信社「ディリッティ・グロヴァーリ」からのインタビューに答えたなかで、次のように語っている。

    「我々の医療施設の座標についてはみんな知っていた。これは軍事行動開始前に確認されていたものだ。最後のメッセージは9月29日に届いている。これは我々の実践では普通のことだ。我々がどこで働き、何をしているかは皆が知らねばならないからだ。」

    エミネンテ事務局長は、病院は1時間にわたり数回の空爆を受けたと強調している。ところが病院の近くにあった別の建物には空爆は行なわれていない。

    「飛行機は爆撃を行い、姿を消したかと思ったら、また飛来して次の空爆を行なった。」

    ロイター通信の報道によれば、米軍の代表は米空軍が病院の「近く」に空爆を行なったことを認めた。NATOは爆撃事件の真相を調査することを明らかにし、これが米軍の空爆の結果起きた可能性も除外していない。

    タグ
    NATO, イタリア, アフガニスタン, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント