19:57 2017年11月22日
東京+ 9°C
モスクワ0°C
    ロシア軍のおかげでラタキヤはシリアで最も安全な地域に

    ロシア軍のおかげでラタキヤはシリアで最も安全な地域に

    © Sputnik/ Dmitriy Vinogradov
    中東
    短縮 URL
    対「イスラム国」シリアにおけるロシア軍事作戦 (231)
    21484310

    すでにお伝えしているように、ロシアの爆撃機及び戦闘機、攻撃機は連日、何十回も出撃し、テロ組織「IS(イスラム国)」のインフラ施設や司令部、訓練キャンプを殲滅している。

    地中海に面するラタキヤのフメイミム空軍基地には、およそ50機の軍用機が離発着しているが、その中には航空機以外に、複数の攻撃用ヘリや輸送用ヘリコプターも含まれている。

    シリア国防省筋の情報では、ロシア航空宇宙軍の空爆は、この2週に渡るシリアでの作戦中に、すでに1年以上も続けられている米国主導の有志連合による空爆に比べて、より本質的な成果を地上にもたらした。

    ロシア航空宇宙軍の支援によって、シリア政府軍は、何カ月にもわたった防戦一方の状況から、一度にいくつもの戦線で一転して攻勢に転じた。特に、中部内陸に位置するハマー県の北部、トルコ国境に近いイドリブ、北部の中心都市アレッポ、南部に位置する首都ダマスカス近郊で、政府軍の戦況は基本的に好転した。

    アル-バフサ、フォロ、サフサファといった村も解放された。これらは、破壊しつくされ家は一軒も残っておらず、文字通り「幽霊村」と化しているが、中部のハマーと北部のイドリブ、そして地中海沿岸のラタキヤに通じる道が交差する交通の要所であり、戦略的に重要な地点である。

    一般住民は、テロリストらの襲撃を恐れて、もう大分前にこうした村を捨て避難している。何らかの理由で、村を出られなかった人だけが残された。シリア軍は、撮影班に、戦闘員らによる住民への残酷な処刑現場の取材を許可したが、そこにはまだ片づけられず、地面に横たわったままの住民の痛ましい遺体が多数残っていた。住民の頭は、銃で撃ち抜かれており、中には手を縛られたままのものもあった。

    急襲作戦に参加したシリア政府軍の兵士らは、テロ集団の戦闘員らが、いかにあわてて陣地を捨て逃げ出したのかを、一目で理解した。なぜなら、武器や弾薬、戦闘員らの名前が書かれ、武器のリストが記され、彼らが支援者から受け取っている資金が記入・計算されたノートまでもがそのまま残されていたからだ。

    また戦闘員らは、菜園や中庭に、砲弾の一部も残して行った。すでに「IS」やシリアにおけるアルカイダの下部組織「アル-ヌスラ戦線」の名刺代わりとなった悪名高き曲射砲、その名も「地獄砲」に、それらはこめられて発射されたのだ。砲弾は、殺傷力を高めるエレメントが詰まったガスボンベから作られている。テロリストにとって砲弾の命中精度は、原則的にあまり重要ではない。そのかわり、このガス及びガソリン爆弾は、恐ろしい殺傷力を持っている。

    村の住民らは、それぞれの場所に避難した。まだテロリストの魔の手が伸びていない、近隣の村の友人や親族のもとに逃げた人も多かった。ラタキヤ県へは、シリアの他の地域から、全部で150万人が逃げ込んできた。農村部の住民達は、自分の家や別荘などに、テロリストに占領された北部のアレッポやイドリブ、北東部のラッカ、東部のデイルエッゾルなどから逃げてきた人達を住まわせている。ラタキヤの大学や学校にも、特別の避難所が開かれた。

    ラタキヤの県知事は「県だけでは、こうした難民の流入を処理しきれない」と訴えており、ロシアは、すでに人道援助を開始した。ラタキヤに多くの難民が集まっているのは、ここが地中海に面し、気候も温暖で、土地も肥沃なためだが、何よりもまず、シリアでここが今一番安全だからだろう。特にロシアによる空爆が始まってから、ラタキヤの安全は、これまでないくらいに保障されている。

    トピック
    対「イスラム国」シリアにおけるロシア軍事作戦 (231)
    タグ
    シリア, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント